So-net無料ブログ作成

LOビームのHIDを入れ替える。 [乗り物]

昨日の続きでっす。
LO側の加工、主に配線のカプラー部分がめんどくさかったです('A`)

http://puri-ketu.blog.so-net.ne.jp/2012-09-25


とりあえず、この高圧防水カプラーを分解して端子を引っこ抜きます。

LO加工2.JPG


●メス側のカプラー分解

下の写真の中の矢印の部分に、

LO加工3.JPG


こんな感じで先っちょを少し曲げた細いものを突っ込んで、

LO加工4.JPG


ゴリっと引っ張ると、こんな物体が出てきます。どうやら端子の抜け防止のロックらしい。

LO加工5.JPG


続いて、矢印の部分に精密ドライバーを突っ込んで端子のロックを持ち上げます。

LO加工6.JPG

この状態で配線を引っ張れば、抜くことができます。


●オス側のカプラー分解

矢印の部分に赤い端子のロックがあるので、引っ張って抜きます。

LO加工7.JPG


矢印の部分に精密ドライバーを突っ込んで端子のロックを持ち上げます。

LO加工8.JPG

あとは引っこ抜くだけw



↓分解されたカプラーと端子達。

LO加工9.JPG


お次は、バーナーから不要な配線を抜き取ります。
僕のLO側HIDは、バラストへの電源ラインとON/OFFラインを別な所から取っているんですよ。
ですので、バーナー側に出ているバラスト電源用のラインは不要なんですよね。
残っていると取り付けた後に見栄えが良くないんで、引っ張って抜き取ります。
グロメット部分はゴム製で伸びるので、端子部分も抜くのはそんなに苦労しません。
再び入れろって言われると大変やけどw

LO加工10.JPG


後は、穴を空けた防水カバーへ取り付ければ完了です。

LO加工11.JPG


ちなみに、抜き取った配線が通っていたグロメット側の穴は、水の浸入を防止するためにシーラントを塗って穴をふさいでおきました。

LO加工12.JPG


あと、今回は更に追加作業があります。
使った防水カバーは、MINI製HIDで使っていた防水カバーを再使用しているんですね。
んで、以前の配線を通すために開けた穴があるんですよ。

LO加工13.JPG


この穴を塞がないと、ライトユニットに水分が浸入してよろしくないんですよね。
と言う訳で、ホームセンターにてゴム製のキャップを買ってきました。

LO加工14.JPG


コレを穴に取り付けて、念のために軽くシーラントで隙間を埋めて完了なり。

LO加工15.JPG



はー長かったwwww
ここまで来て、やっとLO側バーナーの取り付け準備が完了しました。
またもや長くなってしまったので、バーナー取り付けに関してはまた後日に!
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 1

お名前(必須)

端子の引っこ抜き、参考にさせて頂きました!
by お名前(必須) (2016-12-18 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。