So-net無料ブログ作成

テールランプへの水侵入 [乗り物]

今週はまるっと1週間お休みなので、今までなかなか手を付けられなかった車の整備をやるつもり。
やりたい事は色々とあるんですが、今日はテールランプの水侵入問題について。

結構前から、右のテールランプ内に水が入っちゃってたんですよね。
最初は曇る程度やったんですが、段々と水滴の量が増えてきて、常時しっとりした感じに。
RX-8にはよく見られる現象らしいんですが、僕のはまだマシな方みたい。

事前にディーラーに問い合わせたら、ランプASSY交換で部品代3万円と言われた。
高すぎるやろwww
と言うわけで、自分で修理する事に。


実は、数日前に一度取り外して、内部の水抜きと乾燥は済ませていたんですよ。
とりあえずそのまま付けていたんですが、パッキンがかなり劣化しているので、またそのうちに曇りが出てくるやろうなーって思ってたんですよ。
案の定、台風時の大雨で若干水が浸入してて、少し曇ってたww
新しいパッキンは既に取り寄せ済みなので、再度テールランプの取り外しをば。

1.jpg

雨水に流されてくる砂や埃の堆積も原因の一つみたいです。
トランクを開けた両側の流路を通ってランプASSYの裏側から外へ流れていきますので、
その流路に堆積している砂や埃を予め綺麗にしておいた方がエエと思います。

2.jpg


トランク内の内張りを外すと、テールランプにアクセスできます。
外し方は色んなサイトに書いてるので割愛しますが、ジャッキハンドルが収納されている最後部の内張りは外してしまった方が作業性が良いです。
外さなくてもできるけど、無理くり内張りをめくる形になるから手が痛いw

ライトを外すには、写真内の赤丸の部分を外す必要があります。
ランプ関係のコネクター4本を外し、スタッドボルトのナット2箇所とプラスチックの爪を外します。

3.jpg


左側ですが、外すとこんな感じになってます。
泥の流れた跡が汚いw

4.jpg


外したランプの裏側です。

5.jpg


アップにして見てみると、あんまりシールが良く無さそうな感じです。
泥も溜まっていて、水がスムーズに流れて行かなそうな状態でした。

6.jpg


パッキンを外してランプとのシート面を確認してみましたが、本来なら水が入ってはいけない部分までしっとりと濡れてしまっていました。
劣化で雨水が浸入したんでしょうかねぇ。

7.jpg


新しいパッキンと並べてみたところ、大きな違いは見つかりませんでした。
新品やから、当たり面に跡が付いていないくらいw
ランプとのシート部分は両面テープでひっつけて、スタッドボルトで締め上げて圧着するだけ。
ちょっと心もとないw

8.jpg


そのまま取り付けても良かったんですが、シート面の一部には両面テープが貼られていなかったりと雨水の再浸入が起きそうやったので、シリコンシーラントを合わせ面に塗布しときました。
おかげで、取り付け後のトランク内がケミカル臭いw


たぶんこれで当面は大丈夫やと思いますが、根本的な設計を変えた訳じゃないんで、いずれは再発するかと思います。
パッキンは単品で2,500円と結構高いので、今回外したヤツは型紙代わりに保管ですねー。
次にパッキン交換する時は、古いヤツから型取りして自作するw
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。