So-net無料ブログ作成

賃貸契約時の諸費用を節約する [リアルのお話]

最近、引っ越しの機運が高まってきております。
既に住む場所も見つかっているので、後は引っ越しに向けて着々と準備を進めないとですね。
んで、新たに賃貸を借りるとなると、諸々の諸費用が出てきますよねー。
今まではずーっと会社関連の居住施設に住んでいたのでそういう費用とは無縁でしたが、今回初めて会社以外の部屋を借りるって事で、結構費用が高くてびっくりしました。


とは言っても、僕が借りた部屋は敷金礼金ゼロの物件やったんで、初期費用は非常に抑えられている方やと思うんですよね。
だからこそ、家賃関係以外の費用の妥当性が気になってしまって。
契約書類と同時に送られてきた入金額の内訳を見ると、こんな感じになっていました。

○契約月の日割り家賃共益費
○翌月分の家賃共益費
○仲介手数料(共益費は含まず、家賃1ヶ月分+消費税)
○保証会社への登録料(2万円くらい)
●火災保険(1.6万)
●アクト安心ライフ24(1.5万)
●抗菌消臭施工(1.2万)

意図的に白丸と黒丸で項目を分けてますが、白丸は支払金額も項目も妥当性はあると思いました。
連帯保証人を立てているのに保証会社にも登録せなアカンのかーって思いはしましたが、昨今の事情やと大家さんが保証会社の利用を条件としている場合も多いみたいですね。
まぁ、家賃収入を確実に得るためにはそれも理解できるかなーってところです。
ただ、黒丸の部分は費用の妥当性を納得できへんかったのですよねー。


●火災保険(1.6万)

そもそも、送られてきた書類だけではどんな保険かよくわからん。
家財の保険金額とか借家人賠償額とかは記載してますが、具体的な補償条件とかサービスの説明は受けてません。
そんな状況でホイホイ支払えませんので、良く相談に乗ってもらっている保険窓口で話を聞いてもらいましたー。

厳密に同じ条件にはできませんが、家財の保険金額とか借家人賠償額とかの金額に出てくる条件を同じにしても、半額くらいになりました。
家財は一人暮らしの割に保険金額が高いってのと、万が一の時に最低半分くらいをカバーしてくれれば良いと思ったので、家財の保険金額を半分にしました。
結果、保険金額は0.6万と大幅削減。
不動産会社に保険は外部調達をする旨を伝えて、あっさりと了承を得ました。


●アクト安心ライフ24(1.5万)

鍵開けとか水関係のトラブルを24時間いつでも対応しまっせ!というサービスらしいです。
60分だか何分だかまでの基本作業料も無料って書いてましたね。
でも、コレって入居者が故意に壊したとかで無ければ、基本的に大家さん負担なんですよね。
あくまでも、管理会社の営業時間外にトラブルが起きた時の対応をやってもらう意味合いですーと不動産屋は言ってました。

いざとなればよくCMでやってる水道トラブルとか鍵開けの24時間対応会社にお願いすれば良いし、このサービスは不要やなーって思ってたら、個人で契約した火災保険に同様のサービスが含まれとったwww
と言う訳で契約については丁寧にお断りを。
基本的に入居者には契約をお願いしているけど、契約無しの場合は営業時間外の対応はできない部分をご了承くださいーとの事でした。


●抗菌消臭施工(1.2万)

そもそも、部屋を見た時に臭いは気にならなかった。
クリーンルーム外に住んでいる限りは何かしらの雑菌が出ますし、無いよりは抗菌している方が色々とマシなのかもしれませんが、抗菌してなくても普通の頻度で掃除とかしてれば問題が無いかと。
と言うか、今まで抗菌なんてしてる部屋に住んだことが無い!
かけた費用に対してどんなけ効果があるのか疑問なので、外してもらいました。
率直に言うと色々面倒になりそうやったので、自分自身が菌みたいなもんやから部屋の抗菌をされると住めなくなるとか適当に言っておきました嘘ですけど。


と言う訳で、初期費用のうち3.7万円ほどは節約することができましたー。
馬鹿正直に出された内容を支払うのはちょっと待って、本当に必要かどうかを考えてみることをお勧め致します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。